個人で活躍する司法書士

|

会社として活動している司法書士もいれば、個人で行っている人もいます。

個人の場合には必ず同じ人が担当してくれるので、複数の社員で活動している会社の様に、複数の社員の間で案件の内容が通じていないという事はないでしょう。

 しかし、多忙な時には一人しかいませんので、順番待ちしないといけない事もあります。評判などがよく人気の司法書士であれば、案件に取りかかるまで待たされてしまうという事もあります。

また、こちらから連絡しても顧客の応対を行っていたりする時には、電話が通じないという事も考えられます。急いで欲しい時には、その事を伝えて可能かどうか確認してから案件を依頼するといいでしょう。